2019年秋のワークショップを開催します!

日時  2019年10月13日、20日、27日、11月3日、10日、17日、24日、12月1日、8日、15日、22日

29日の12日間

 

     各日 14時~18時(時間は変更になる場合があります)

 

スタジオ トゥルースシェルスタジオ(都営新宿線曙橋駅より徒歩3分)

      新宿区住吉町8-5 シンカイビル2F 103号室 (スタジオは変更になることがあります)

 

受講料 12日間で48000円(税込) 分割希望の方はご相談ください。

 

内容  戯曲からどれだけたくさんの情報を読み取るのか、実際に一本の戯曲を使って、

   「戯曲の読み方」を考えていきます。12日間で短編を一本、スタジオで試演する

   ことで、その「読み方」を体験し、次の課題に向けたステップアップの一助に

   していただければ、と考えています。

 

 応募締め切り 10月10日 (締め切り日までに下記アドレスまでご連絡ください)

    

年齢、経験は問いません。

ご興味のある方、ぜひご連絡ください。問い合わせのみでも結構です。  

 

 

連絡先メール:

dougakusensei@gmail.com

  

 


劇団道学先生とは・・・

宮崎県出身の中島淳彦が、贅沢バカ劇団「ホンキートンクシアター」を立ち上げて、10年。

座員だった青山勝にそそのかされて、劇団を解散。3年後の1997年に中島を座付作家、青山を座長として「劇団道学先生」を旗揚げした。

人間のダメな側面を愛情を持って肯定的に描き、最後にほろりとさせる人情喜劇を上演している。

 

道学先生とは、広辞苑によると「道徳にかかわって世事に暗い学者、道理に偏して融通のきかない頑固な学者を嘲っていう語。」

この説明自体わかりにくいが、とにかく青山の学生時代のあだ名だったらしい。